トラブルシューティング (FAQ)BETAFPV - ドローン総合事業|販売|DJI|INSTA360|CHASING|FRSKY|BETAFPV日本正規代理 AIRSTAGE (エアステージ)

 




入口ロゴ画像4

カテゴリー

ベストセラー

今日から30日間の集計

特価商品

トラブルシューティング
トラブルシューティング (FAQ)DJI-7

WEB通販営業日

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

トラブルシューティング (FAQ)BETAFPV


Qbe1:BETAFPV65sについて、付属のマニュアルに沿って設定を行いましたが、アームスイッチをONにしてスロットルを上げてもモーターが回りません
A:送信機側の設定操作にて、スロットルのエンドポイントを、970程度(999以下)~2000程度に調整してください。(付属マニュアルP6の画像参照)
※betaflightソフト側の設定ではなく、送信機側で調整してください(PC画面を確認しながらおこなってください)




Qbe2:BETAFPV 85X V2について、機体とゴーグルの距離が離れると、映像が途切れてしまいます
A:VTX基盤のLEDが緑点滅の場合、下記画像の赤矢印が示すボタンの2回押しをおこない、LEDが赤または赤青点滅状態にしてご確認ください




Qbe3:BETAFPVの機体を使用していて、アーミングは出来ていますが、スロットル操作をしてもモーターが回転しません。
しかし、エレベーターやエルロン、ラダー操作は反応があり、その場でそれぞれの操作に合ったモーター2つが回転します。対処法はありますか。

A:「FLIP OVER AFTER CRASH」(タートルモード)に入っていないか確認してみてください。
実際に「FLIP OVER AFTER CRASH」を割り当てていた場合は、割り当てを削除するか、割り当てたスイッチを切り替えて動作するか確認してみてください。

割り当てられているかどうかについてはBETAFLIGHTにて以下の手順で確認してください。

1. 機体を「BETAFLIGHT」と接続する。



2. 左のメニューより、「モード」を選択して、モードの割り当て画面を表示させ、下の方にスクロールすることで「FLIP OVER AFTER CRASH」の
割り当てや範囲について確認できます




Qbe4:BETAFPVの機体を使用しています。離陸後、機体が斜め上方向に上昇するなど、安定感が無いように感じます。改善する方法はありますか?
A:機体の水平キャリブレーションをお試しください。以下、手順です。
①機体を「BETAFLIGHT」と接続し、水平状態で静止させる
②「セットアップ」内の「水平キャリブレーション」を実施する(下記画像参照)




Qbe5:LiteRadio 2 のプロポを使用していますが、FrskyやFutabaの受信機とバインドさせる際の切り替え方法を教えてください

A:FrskyやFutaba等ご使用の受信機に合うプロトコルへの切り替えが必要です。
プロトコルの切り替え方法につきましては、以下の通りです。

①最初に電源をオフにする。
②バインドボタンを押したままにして、電源を入れる。

上記の手順でプロトコルを切り替えることが出来ます。


●現在のプロトコルの設定状況の確認方法

起動時のブザーアラームが鳴る前の赤いLEDの点滅時間が変化し、
どのプロトコルがオンになっているかが 示されす。
点滅時間とプロトコルの関係は以下の通りです。

・1回フラッシュ→Frsky FCC D16

・2回フラッシュ→Frsky LBT D16

・3回フラッシュ→Frsky D8

・4回フラッシュ→FUTABA S-FHSS




Qbe6:BETAFPV Beta95X V3について、FC基板を交換したのですが、機体が動きません。
受信機LEDの反応からプロポとのバインドはされているように思いますが、
BETAFLIGHT上ではスティックの反応がない状態です。


A:以下についてご確認お願いします。

1、FC基盤と各配線の位置が正しいかご確認ください。
配線が誤っていた場合は正しい位置に付け直しをお願いします。



2、受信機を他の機体に接続し、プロポとバインドされるか確認お願いします。
※他の機体に接続しても反応しない場合は受信機側の問題の可能性がございます。



3、FC基盤上で以下の部分にハンダで繋げているか確認お願いします。

FC基盤の上記部分にハンダがされていない場合はFCへの受信の設定がされていない状態です。その場合上記画像に記載されております赤い丸の部分にハンダをする必要があります。
お使いのプロポに応じて、ハンダで繋げる箇所が異なります

●SBUS(フタバ、FRSKY)の場合
3つある銀色の部分に、「SV」と「SBUS」と書いてある場所がございます。
その2つを繋げるようにハンダをすることでFCと受信機がリンクできます。

使用プロポに応じたハンダ接続箇所は下記画像にてご確認ください。




Qbe7:Beta65SとCetusを使用しています。プロペラが1つ回っていないのですが、何か対処法はありますか?

A.まず初めに下記についてお試し頂き、ご確認いただけますでしょうか。

①、モーターをアイドリング状態(モーターを回転させているが飛び立っていない状態)にします。
※この時恐らく一つだけ回転していないモーターがある状態かと思います。

②、①のアイドリング状態の機体を手で持ち上げて、機体を前後左右に傾けた時、
回転していなかったモーターが回転するようになるか確認してください。

この時回転していなかったモーターが回転した場合は、
スロットルを上げることで、正常に飛行できる可能性がございます。
※機体を床に置き、スロットルを思い切って上げた場合に
回転していなかったモーターが正常に回転し、飛行する可能性があります。
※スロットルの上げすぎには十分ご注意下さい。

機体の特性として水平を感知するために飛行の際一度機体ごと傾き、
水平かどうか確認する挙動をとりますので、その際にアイドリング状態では
一部のモーターが回転していない状態になる可能性がございます。

上記を試して頂き、それでもモーターが回転しないようでしたら、
モーターに異常がある可能性がございますので、モーターを交換して頂くか、
販売店にご相談いただく必要があります。


Qbe8:Cetusを使用しています。飛行中に機体が前後左右に流れて行ってしまいます。何か対処法はありますか?


A:機体の中のIMUに誤差が生じ、水平の認識にズレが発生している可能性があります。
以下の手順にて、水平キャリブレーションを行い改善するかお試しください。

≪水平キャリブレーション方法≫
予め、ゴーグル・送信機・機体の接続を行います。

①画像のようにスティックを同時に倒す
モード1とモード2ではやり方が異なりますので、以下の画像をご確認いただき、それぞれのモードに合うようにスティックを倒してください。



②ゴーグルに画像2のように表示されますので、機体を水平面に置き、
「CONFIG」→「CALI」を選択しキャリブレーションを行います。



③完了後、「BACK」を選択し、「SAVE」を押して電源を入れなおします。


水平キャリブレーション後、最初は不安定な状態になる場合がございますが、しばらく飛行させていると安定するようになります。

※飛行時の姿勢を機体が確認するため、最初は不安定な状態になる場合がございます。

上記ご確認ください。




Qbe9:BETAFPV×Insta360 SMO 4K カメラの使用の為、Insta360 のアプリをダウンロードしました。しかし、スマホとの接続ができません。何か対処法はございますでしょうか

A:まずはスマホ内の設定にて、WifiとBluetoothの設定がONになっているかご確認ください。
OFFの場合はONに設定お願いします。

WifiとBluetoothの設定がONの場合でも接続できない場合、
Insta360アプリの内部設定の「アクセスを許可」がOFFになっている可能性があります。
 
Insta360アプリの「アクセスを許可」からBluetoothの設定をONにするため、
スマホの設定より下記の方法をお試しください。

①トップ画面の「設定」をタップします。



②下にスクロールすると「Insta360」のアプリが表示されているのでタップします。



③すべてのアクセスを許可します。



④トップ画面に戻り、Insta360アプリを開き接続し直します。

使用しているスマホ端末によって設定方法が違う場合がございますのでご注意ください。

トップページ