DJI OSMO Shield-FAQ - ドローン総合事業|販売|DJI日本正規代理 AIRSTAGE (エアステージ)

 

カテゴリー

ベストセラー

今日から30日間の集計

特価商品

WEB通販営業日

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

DJI OSMO Shield-FAQ


DJI OSMO Shield ご購入一覧 → クリック


対応製品



· 新品かつアクティベーションが行われていない対象DJI OSMOシリーズ製品
· アクティベーションを行ってから30日以内の対象DJI OSMOシリーズ製品

以下FAQ(疑問にお答えいたします)

1、「OSMO Shield」とは何ですか?

「OSMO Shield」は、DJI OSMOシリーズ製品のアフターサービスプランです。
「OSMO Shield」は対象DJI OSMOシリーズ製品の通常1年間の保証期間を2年間に延長するサービスです。また、水没や落下を含む物損故障に対して無償
修理サービス(保証期間中1回のみ)を提供いたします。
「OSMO Shield」はDJI OSMOシリーズ製品をご利用のお客様に、より一層の安心をお届けします。

2、「OSMO Shield」で修理サービスを受ける回数に制限はありますか?

「OSMO Shield」の有効期間内において、サービス保証範囲内の故障に対する無償修理サービスの提供回数に制限はありません。また、2年間の有効期間
内で発生した水没や落下を含む物損故障に対しては1回に限り無償修理サービスを提供いたします。

3、「OSMO Shield」の有効期間を教えてください。

(1)「OSMO Shield」の有効期間は製品購入日から24カ月(2年間)となります(通常の1年間の保証期間に1年間の保証延長サービスを足した期間)。
(2) 物損修理保証の有効期間は、対象DJI OSMO シリーズ製品購入日から24ヶ月間(2年間)です。ただし、DJI公式オンラインストアで対象のDJI OSMOシリ
ーズ製品と「OSMO Shield」を同時購入した場合は、DJI OSMOシリーズ製品発送日の2日後がサービス有効期間の開始日となります。

4、「OSMO Shield」の購入条件を教えてください。

以下のいずれかの条件を満たしている場合、「OSMO Shield」をご購入いただくことができます。
(1) 新品かつアクティベーションが行われていない対象DJI OSMOシリーズ製品
(2) アクティベーションを行ってから30日以内の対象DJI OSMOシリーズ製品

5、「OSMO Shield」の有効期間が終了した場合、サービスを延長することはできますか?

「OSMO Shield」の有効期間を延長する事はできません。「OSMO Shield」は対象DJI OSMOシリーズ製品1台につき、1回限りの購入となります。

6、対象DJI OSMOシリーズ製品の購入者のみが、「OSMO Shield」のサービスを受けることができるのですか?

「OSMO Shield」は購入者情報に関連付けされるわけではなく、対象DJI OSMOシリーズ製品のシリアルナンバーに関連付けされます。「OSMO Shield」が関
連付けされた対象DJI OSMOシリーズ製品は、シリアルナンバーにもとづいて「OSMO Shield」のサービスを受けることができます。

7、「OSMO Shield」の使用方法を教えてください。

(1) 対象DJI OSMOシリーズ製品にサービス範囲内の破損が発生した場合、DJIオンライン修理受付けサービス(https://www.dji.com/service/repair)を利用し
て修理申請を行ってください。ご質問やご不明な点などがございましたら、DJIカスタマーサポート(03-6634-4949)までご連絡ください。
(2) 修理申請完了後、修正依頼品をDJIカスタマーサポートまでご発送ください。

8、「OSMO Shield」購入後に送信されるサービス契約書を誤って削除してしまい、契約書番号が分からなくなってしまった場合、どうすればよいですか?

「OSMO Shield」が関連付けされている対象DJI OSMOシリーズ製品にサービス範囲内の破損が発生した場合、DJIカスタマーサポート(03-6634-4949)までご
連絡ください。ご使用中の製品のシリアルナンバーから、「OSMO Shield」のご購入情報をお調べいたします。DJIカスタマーサポートへ修理依頼品をご発送いた
だいた後、DJIにて修理依頼品に対する点検を行い、修理依頼品が「OSMO Shield」による修理条件を満たしているか確認を行います。

9、対象DJI OSMOシリーズ製品のシリアルナンバーの確認方法を教えてくださ

Osmo Mobile 2:製品シリアルナンバーはモバイルデバイスホルダーの側面に記載されています。

Osmo Pocket:製品のシリアルナンバーは、ハンドル底部のQRコードをスキャンしてご確認いただけます。
また、下記の方法でもご確認いただけます。 1. Osmo Pocket本体の電源を入れる
2. 画面を下にスワイプし、設定アイコンをタップ
3. 画面を左にスワイプし、[その他]をタップ
4. [デバイス情報]をタップし、シリアル番号を確認

10、修理依頼品をDJIカスタマーサポートに発送後、修理完了までに必要な時間を教えてください。

DJI カスタマーサポートではお客様からの修理依頼品受け取り後、迅速な対応を心がけております。また、具体的な修理時間に関しましては、修理依頼品の破損状況により異なります。

11、修理時に製品の交換対応が行われ、シリアルナンバーが変更された場合、次回サービスを受ける際の影響はありますか?

DJIカスタマーサポートでの修理過程においてシリアルナンバーの変更が発生した場合、修理スタッフによりシステム上でシリアルナンバーの変更作業が行われ
ます。今後サービスを受ける際への影響はありませんので、ご安心ください。

12、修理時に製品の交換対応が行われ、シリアルナンバーが変更された場合、「OSMO Shield」のサービス有効期間はどうなりますか?

シリアルナンバーの変更有無にかかわらず、「OSMO Shield」のサービス有効期間がリセットされることはありません。サービス契約書内に記載されているサービ
ス有効期間をもとにサービスの提供が行われます。

13、「OSMO Shield」はグローバル保証サービスに対応していますか?

現在、「OSMO Shield」はグローバル保証サービスには対応しておりません。また、「OSMO Shield」とそれを関連付けさせる対象DJI OSMOシリーズ製品は、
同じ国/地域で購入する必要があります。また、「OSMO Shield」はDJI公式オンラインストア、またはDJI認定ストア・DJI正規販売代理店などの正規販売ルート
で購入された対象DJI OSMOシリーズ製品にのみ関連付けることができ、「OSMO Shield」は購入した国/地域でのみサービスを受けることができます。

このサービスのご利用規約

OSMO Shieldは、SZ DJI Technology Co., Ltd.またはSZ DJI Technology Co., Ltdが指定する関連会社(以下「DJI」といいます。)が提供します。
OSMO Shieldは、DJI OSMOシリーズ製品をご利用のお客様に、より一層の安心をお届けするために発売されたアフターサービスプランです。
OSMO Shieldでは、対象DJI OSMOシリーズ製品の通常1年間の修理保証期間を2年間に延長し、正常使用されている対象DJI OSMOシリーズ製品のハンドル、ジンバルおよび/またはカメラに対して修理保証期間延長サービスを提供いたします。また、OSMO Shieldでは、有効期間内の水没や落下を含む製品品質問題以外の原因により発生した物損故障に対して、DJIは物損修理保証サービス(有効期間中1回のみ)を提供いたします。

製品修理保証サービス適用範囲

OSMO Shieldの有効期間内において、製品品質問題により対象DJI OSMOシリーズ製品の故障や破損が発生した場合、その際に発生する修理費用および人件費は本規約にもとづきDJIが負担いたします。
製品修理保証サービスの適用範囲の詳細に関しては、以下のとおりです。
(1) OSMO Shieldが関連付けされている対象DJI OSMOシリーズ製品の正常使用過程において、製品品質問題により故障が発生し、かつ、サービス有効期間内にDJIカスタマーサポートに製品が発送され、修理が行われた場合、その際に発生する修理費用はDJIが負担いたします。
(2) 製品修理保証適用範囲外の破損により発生した如何なる修理費用は、お客様自身で負担、またはお客様が購入したこの故障との関連性のある他の保証サービスにより負担されます。

製品修理保証サービス適用範囲外

以下のいずれかの原因により発生した破損は、製品修理保証サービスの適用範囲外となります。
(1) 製品品質問題以外の原因により発生した全ての破損
(2) 不適切な使用環境下で発生した破損
(3) 不正な改造や分解等の行為により発生した破損
(4) マニュアルに反した不適切な取付けにより発生した破損
(5) 不正な修理やパーツの取付けにより発生した破損
(6) 電気回路の改造、またはバッテリーや充電器の不適切な使用により発生した破損
(7) DJI非公認の他社製パーツやバッテリー、ソフトウェア等の使用により発生した破損
(8) 製品品質問題が存在しているバッテリーの使用により発生した破損
(9) 製品および関連パーツの盗難や紛失、遺棄が発生した場合
(10) バッテリーや充電器、モバイルデバイスホルダー、追加搭載パーツの修理費用
(11) 自然摩損および製品使用に影響が発生しない外部シェル上の破損
(12) 自然災害や戦争、軍事行動、暴動、クーデター、テロ活動等により生じた直接または間接的な損失
(13) 製品修理保証サービスの有効期間外で製品の修理依頼の申請が行われた場合
(14) 如何なる形式による間接的な損失および/または逸失利益
(15) 製品の技術基準または使用性能を強化・改善させる為の追加料金が必要な場合
(16) 製品使用により生じた消費者またはその他人員の人身損害および/または物的損害
(17) 製品との関連性のある、または関連性のない如何なる訴訟や仲裁、およびその関連費用
(18) 製品の浸水発生後に生じた如何なる修理費用

物損修理保証サービス適用範囲

OSMO Shieldが関連付けられている対象DJI OSMOシリーズ製品の正常使用過程において、サービス有効期間内に、水没や落下を含む製品品質問題以外の原因により物損故障が発生した場合、その際に発生する修理費用および人件費は本規約にもとづきDJIが負担いたします。
物損修理保証サービスの適用範囲の詳細に関しては、以下のとおりです。
(1) OSMO Shieldの有効期間内における物損修理保証サービス提供の限度回数は「1回」となっています。
限度回数分の物損修理保証サービスを使用した時点で、物損修理保証サービスの提供は終了となります。
(2) 対象DJI OSMOシリーズ製品の正常使用過程において、水没や落下を含む製品品質問題以外の原因により物損故障が発生し、かつ、サービス有効期間内にDJIカスタマーサポートに製品が発送され、修理が行われた場合、DJIは無償修理サービスを提供いたします。
(3) 物損修理保証サービス適用範囲外の故障により発生した如何なる修理費用は、お客様自身で負担、またはお客様が購入したこの故障との関連性のある他の保証サービスにより負担されます。

物損修理保証サービス適用範囲外

以下のいずれかの原因により発生した破損は、物損修理保証サービスの適用範囲外となります。
(1) 製品および付属パーツの一部もしくは全てが紛失している場合、紛失部分に対して保証サービスは提供いたしません。
(2) 製品の盗難や紛失、遺棄が発生した場合
(3) バッテリー、充電器、モバイルデバイスホルダー、追加搭載パーツの修理費用
(4) 故意的な行為により発生した如何なる破損
(5) 自然摩損および製品使用に影響が発生しない外部シェル上の破損
(6) 自然災害や戦争、軍事行動、暴動、クーデター、テロ活動等により生じた直接または間接的な損失
(7) 物損修理保証サービスの有効期間外で製品の修理依頼の申請が行われた場合
(8) 如何なる形式による間接的な損失および/または逸失利益
(9) 製品の技術基準または使用性能を強化・改善させる為の追加料金が必要な場合
(10) 製品使用により生じた消費者またはその他人員の人身損害および/または物的損害
(11) 製品との関連性のある、または関連性のない如何なる訴訟や仲裁、およびその関連費用
(12) 電気回路の改造、またはバッテリーや充電器の不適切な使用により発生した破損
(13) DJI非公認の他社製パーツやバッテリー、ソフトウェア等の使用により発生した破損

OSMO Shieldの有効期間

(1) 製品修理保証期間延長サービスの有効期間は「12ヶ月」です。また、対象DJI OSMOシリーズ製品の通常の1年間の保証期間が終了した日から有効となります。
(2) 物損修理保証サービスの有効期間は「24ヶ月」です。また、OSMO Shieldを購入した日からサービスが有効となります。具体的なサービス有効期間に関しましては、「OSMO Shieldサービス契約書」に記載されている内容を基準とします。
また、DJI公式オンラインストアで対象のDJI OSMOシリーズ製品と「OSMO Shield」を同時購入した場合、製品発送日の2日後の0:00をサービス開始時刻として、有効期間の計算が開始されます。DJI公式オンラインストア、またはその他のチャンネルで「OSMO Shield」を別途購入した場合、サービス契約書に記載されている日付の0:00をサービス開始時刻として、有効期間の計算が開始されます。

OSMO Shield利用フロー

(1) 対象DJI OSMOシリーズ製品に保証範囲内の破損が発生した場合、DJIオンライン修理受付けサービス(https://www.dji.com/service/repair)を使用して修理申請を行ってください。ご質問やご不明な点などがございましたら、DJIカスタマーサポート(03-6634-4949)までご連絡ください。
(2) 修理申請完了後、修正依頼品をDJIカスタマーサポートまでご発送ください。

修理費用

(1) OSMO Shieldでは、表記されている費用以外の追加料金を請求することはありません。
(2) OSMO Shield購入費用をお支払いいただいた後、OSMO Shieldのサービスを受ける過程において、本規約内に明記されているサービス範囲内では追加の修理費用を支払いする必要はありません。
(3) OSMO Shieldのサービスを受ける過程において発生する送料は全てDJIが負担いたします。

返品および譲渡

(1) OSMO Shieldの購入手続き完了後、DJI返品(返金)ポリシーにもとづき対象DJI OSMOシリーズ製品の返品が行われた場合、同時にOSMO Shieldの返品を申請することができます。
(2) 対象DJI OSMOシリーズ製品の返品が行われていない場合、OSMO Shieldおよびそれに含まれる物損修理保証サービスの返品を行うことはできません。
(3) OSMO Shieldおよびそれに含まれる物損修理保証サービスは、1度使用した時点で返品を行うことはできません。
(4) OSMO Shieldおよびそれに含まれる物損修理保証サービスは、販売された時点で譲渡を行うことはできません。

特別な説明

OSMO Shield対応のOsmo Mobileシリーズは、製品の特性上カメラ部分が含まれていません。そのため、Osmo MobileシリーズのOSMO Shieldではサービス提供範囲にジンバルカメラは含まれておらず、ハンドル、ボタン、ジンバルおよびモバイルデバイスホルダーがサービス提供範囲に含まれています。






トップページ