.【9月下旬発売予定】DJI OM 5 (サンセット ホワイト) - ドローン総合事業|販売|DJI|INSTA360|CHASING|FRSKY|BETAFPV日本正規代理 AIRSTAGE (エアステージ)

 




入口ロゴ画像4

カテゴリー

トラブルシューティング
トラブルシューティング (FAQ)DJI-7

WEB通販営業日

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

.【9月下旬発売予定】DJI OM 5 (サンセット ホワイト)

商品番号:18340
型番:OM5-s-w
販売価格:

17,930円

(税抜価格16,300円)
ポイント: 163P
完売しました
 
 
個数:     完売しました
 お問い合わせ

DJI OM 5

携帯性抜群な手のひらサイズのDJI OM 5で、お使いのスマホの撮影性能を最大限に。
完璧なセルフィー撮影、超滑らかな動画撮影、自動トラッキングなど、DJI OM 5は楽しい機能をたくさん搭載しています。
新機能ShotGuidesでは、チュートリアルを見ながら撮影できるので、
プロが撮ったような印象的な映像を残せます。
さあ、このDJI OM 5で、プロの撮影方法をマスターしよう。

携帯性と使いやすさ

折りたたむとポケットサイズになるDJI OM 5は、マグネット着脱式デザインなので、
いつでもどこでも素早く撮影を始められます。

様々なアングルで創造的な撮影を

215mmの内蔵延長ロッドを使うと、たくさんの友達を一枚の写真に収めることができ、
独特なアングルで撮影できます。

ActiveTrack 4.0

認識性能や応答性が向上したActiveTrack 4.0は、タップするだけで、
被写体を確実にトラッキングします。

3軸手ブレ補正

ジンバルに搭載された高度な手ブレ補正技術により、撮影中に激しく動き回っても、
大きなサイズのスマホを使っても、スマホの向きをしっかり制御します。

プロのような撮影が簡単に

ShotGuidesは周辺環境を自動で認識して、その場にあった撮影シークエンスを提案し、
短編撮影チュートリアルで撮影方法を教えてくれます。

【同梱物】

DJI OM 5×1
磁気スマートフォンクランプ 2×1
グリップ式三脚×1
電源ケーブル×1
収納ポーチ×1
リストストラップ×1
仕様
【一般】
ジンバルサイズ展開時:264.5×111.1×92.3 mm
折りたたみ時:174.7×74.6×37 mm
重量ジンバル:292 g
磁気スマートフォンクランプ:34 g
内蔵延長ロッド 最大長215 mm
対応スマートフォン 重量230 ± 60 g
対応スマートフォン 厚さ6.9〜10 mm
対応スマートフォン 幅67〜84 mm
【バッテリー】
種類パウチ型電池
容量1000 mAh
電力量7.74 Wh
電圧6〜8.8 V
充電温度範囲5℃〜40℃
動作環境温度0℃〜40℃
駆動時間6.4時間
*ジンバルのバランスが完全に取れており、
理想的な条件下で使用した場合
充電時間1.5時間* 10W充電器で測定
ジンバル充電ポートUSB-C
外部デバイス充電ポートなし
ユニバーサルマウント1/4インチ ねじ穴
【ジンバル】
消費電力1.2 W
*ジンバルのバランスが完全に取れており、
理想的な条件下で使用した場合
機械的可動範囲パン:-161.12°〜172.08°
ロール:-127.05°〜208.95°
チルト:-101.46°〜229.54°
最大操作速度120°/s
【無線モード】
モデルBluetooth Low Energy 5.0
【その他】
アプリDJI Mimo
【グリップ式三脚】
サイズ長さ:138 mm
直径:32 mm
重量72 g

FAQ


一般

磁気スマートフォンクランプを取り外して、再びスマートフォンを取り付けることは可能ですか?
はい。
DJI OM 5の磁力はどのくらいですか?
DJI OM 5の磁力は 47.5 ニュートンで、これは約2リットルのソーダボトル2本分の重さを支える力と同等の力です。
この磁力は、スマートフォンをしっかりと取り付けて保持するには、十分な強度です。
DJI OM 5の磁力により干渉が発生し、使用するスマートフォンが影響を受けることはありますか?
DJI OM 5の磁気は、取り付けられたスマートフォンの性能には影響しません。
しかし、スマートフォンによっては、取り付け後キャリブレーションが必要になるものもあります。
一方、その他の磁気製品は影響を受ける可能性があります。
OM 5を、銀行カード/心臓ペースメーカー/ハードドライブなどの類似機器に近づけないでください。
加えて、磁気シグナルを使用したスマートフォンのデータ転送も影響を受ける場合があります(例:SamsungのMST(磁気セキュア伝送))。
そのような機能を使用する際は、使用前にスマートフォンクランプを取り外すことをおすすめします。
DJI OM 5は、平均的なサイズより軽く薄いスマートフォンにも対応していますか?
詳細については、DJI公式サイトで対応スマートフォン一覧を参照してください。
磁気スマートフォンクランプをOM 5に正しく取り付ける方法を教えてください
スマートフォンクランプ上の点とジンバルのロールモーター上の点を揃えて、それらを取り付けます。
ジンバルにスマートフォンを取り付け、ロールモーターを回転させ、スマートフォンとジンバルがしっかりと取り付けられていることを確認してください。
スマートフォン取り付け後、ジンバルがカメラフレーム内に入り込む場合の対処方法を教えてください。
広角レンズや通常のスマートフォンではないサイズ(Huawei P40、Huawei Mate 20 Proなど)により、カメラビュー内にジンバルが入ってしまう場合があります。
以下を試してみてください。 磁気スマートフォンクランプの位置を調整し、ジンバルからカメラを遠ざけて、カメラビュー内にジンバルが入らないようにします。
(iPhone 11 Pro、OPPO realme X2 Pro、OPPO Reno 2、Samsung S10+などが該当)
使用前に、DJI OM 5のバランス調整が必要ですか?
いいえ。強力なモーターにより、DJI OM 5のバランス調整をする必要はありません。
磁気スマートフォンクランプ使用時、スマートフォンをおおよそ中央にセットするだけです。
DJI OM 5はどのスマートフォンに対応していますか?
詳細については、DJI公式サイトの対応スマートフォン一覧を参照してください。
DJI OM 5はジェスチャー操作に対応していますか? また、どのジェスチャーに対応していますか?
はい、対応しています。スマートフォンをOM 5に接続し、DJI Mimoアプリを開きます。
シャッターボタンの隣のジェスチャーアイコンをタップし、[?]をタップすると詳しい説明を確認できます。
DJI OM 5で、アクティブトラックをどのようにして使用しますか?
アクティブトラックを使用するには、以下の3つの方法があります。
1. トリガーボタンを押すと、自動でフレームの中央にある被写体のトラッキングを開始します。
2. アプリ画面上で、被写体を手動で選ぶと、トラッキングを開始します。 3. 「ジェスチャー操作」を有効にし、
[?]をタップした時に表示されるヘルプ画面のジェスチャーを使って、トラッキング、写真撮影、動画撮影を開始できます。
ポートレートモード(縦向き撮影)とランドスケープモード(横向き撮影)は、どのようにして切り替えますか?
OM 5の電源が入った状態で、切替ボタンを2回押すと、2種類の方向間を切り替えます。 ロール軸を手動で回転させても、
ポートレートモードとランドスケープモードを切り替えることができます。
OM 5のスタンバイモードに入る方法を教えてください。
OM 5の電源を入れた状態で、Mボタンを2回押すと、スタンバイモードに入ります。 スタンバイモード中、
どれかボタンを押すと、スタンバイモードを終了することができます。
DJI OM 5で、スピンショットはどのように使いますか?
ジンバルが動画/写真/スローモーション/ハイパーラプスのモード時に、[設定]->[ジンバル]に移動し、スピンショットを有効にしてください。
ジョイスティックを使用して、スマートフォンを270°回転させて、撮影を完了します。
OM 5でのストーリーモードのカスタムテンプレートの使い方を教えてください。
カメラビューでストーリーモードに進み、「カスタムストーリー」を選択します。
DynamicZoomの使い方を教えてください。
カメラビューでDynamicZoomをタップします。画面の指示に従って、安定した状態で前もしくは後ろに歩きながら撮影します。
分身パノラマの使い方を教えてください。
パノラマから「分身」を選択し、シャッターボタンをタップします。その後、OM 5は自動で5秒おきに写真を撮影し、
ジンバルが次の位置へ動くので、被写体もそれに合わせて移動してポーズをとってください。
3枚写真を撮影した後、自動で1枚の写真につなぎ合わせます。
DJI OM 5は、DJI OM 4同様にBluetooth機能に対応していますか?
はい。
Wi-Fi接続と比較した場合、DJI OM 5のBluetooth接続のメリットは何ですか?
Bluetoothを経由した接続では、Wi-Fi経由での接続よりも高速です。また、Bluetoothを使用しているデバイスは、
いったんペアリングされると、その後は自動でリンクされます。Bluetoothで接続すると、Wi-Fiで接続するよりも消費電力が低くバッテリーを節約できます。
接続されているデバイスの解除方法を教えてください。
1. お使いのスマートフォンのBluetooth設定で、接続されているデバイスを解除できます。
2. シャッターボタン、トリガーボタン、切替ボタンを同時に1秒間長押しすると、接続されているデバイスを解除できます。
DJI OM 5のファームウェアは、DJI OM 4のファームウェアに対応していますか?
いいえ。しかし、デバイスが接続されると、DJI Mimoアプリから最適なファームウェアバージョンが提供されます。
DJI OM 5を使って、スマートフォンのズームを調整する方法を教えてください。
ハンドルの左側面にある調整可能なズームスライダーを使って、ズームを調整します。画質は、スマートフォンのカメラ性能に依存します。
DJI OM 5は何種類の操作モードに対応していますか?
4つのモードは次のとおりです。:アップライト/吊り下げ/ローポジション/サイドグリップです。
DJI OM 5は防水ですか?
いいえ。
電源を入れた後、ジンバルのバランスが取れていない場合、どうすればよいですか?
1. スマートフォンがジンバルに正しく取り付けられているか確認してください。
2. ジンバル自動キャリブレーションを実行してください。 3. DJI Mimoアプリで、水平ジンバル調整を実行してください。
DJI OM 5をスマートフォンケースと一緒に使用できますか?
はい。
内蔵の延長ロッドの最大長はどれくらいですか?
215 mmです。
DJI OM 5の内蔵延長ロッドは、どのように使用しますか?
1. 直接、延長ロッドを最大長(215 mm)まで伸ばして使用します。
2. 延長ロッドの先にあるピボットジョイントを回転させて角度を調節し、0~90°の最適な角度で使用します。
* 角度調整は、ローアングルでの撮影シーンで特に便利です。

DJI Mimo

ポートレート(縦向き)モード中でも、アクティブトラック/タイムラプス/パノラマの撮影に対応していますか? はい。
ActiveTrack 4.0は、前面カメラで撮影する場合、背面カメラで撮影する場合と
同様の効果を得ることができますか?
トラッキングの点では、前面カメラと背面カメラの性能はほぼ同じです。
しかし、背面カメラだけが、被写体の横顔を追従でき、また被写体が素早く向きを変えたり、
激しく動いたりしてカメラビューに映る被写体の形が変わっても、トラッキングを継続できます。
ActiveTrack 4.0はペットや子供をトラッキングできますか?その信頼性はどのくらいですか? はい。しかし、精度はお使いのスマートフォンによって異なります。
また、トラッキング時は、一度に設定する被写体を一つにすると、より良く動作します。
タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプスの違いは何ですか? 1. タイプラプスは、OM 5を三脚かベースに取り付け、画面は固定された状態で、
時間の経過を記録するのに最適です。
2. モーションラプスは、カメラの経路ポイントを設定して、タイムラプス動画に動きを加えた状態で
撮影できます。
3. ハイパーラプスは、ジンバルを持って移動しながら通過するものをすべて撮影していきます
ActiveTrack 4.0を使うと、撮影の幅が広がります。
DJI Mimoアプリでカメラのパラメーターを設定できますか? 1. iPhoneの場合、カメラアイコンをタップして、ISO、シャッター速度、EVを調整したり、
または設定でホワイトバランスを変更します。
2. Androidの場合、お持ちのスマートフォンメーカーにより異なり、
一部のモデルのみ、今回カメラパラメーターのマニュアル調整に対応しています。
DJI Mimoで動画解像度を変更すると、スマートフォンの動画解像度も変更されますか? いいえ。
録画中、DJI Mimoアプリは、自分のスマートフォンにどの程度動画保存容量が残っているかを表示しますか? いいえ。
スローモーション動画を撮影できますか? iPhoneの場合はできますが、それ以外のOSを搭載したスマートフォンについては、
そのスマートフォンのカメラ性能に依存します。
DynamicZoom動画を生成するのに時間がかかるのはなぜですか? 手ブレ補正とズームのアルゴリズムの計算に時間が必要だからです。
モーションラプス動画を撮影する際、手動で測光、フォーカス、またはズームを使用できますか? モーションラプスは手動ズームに対応していません。しかし、他の一般的なパラメーターは調整することができます。
モーションラプスには、いくつの経由ポイントを設定できますか? 2点~4点を設定できます。
パノラマ写真を撮影する場合、オリジナルの写真を保存できますか? はい。パノラマモードのカメラ設定で、「パノラマのオリジナルを保存」の機能を有効にできます。
DJI OM 5で撮影された写真や動画はどこに保存されますか? 写真や動画は、スマートフォンのアルバムに全て保存されます。
写真や動画に美顔効果を使用できますか? はい。美顔効果を使用して1080pまたは720p動画の撮影に対応できるスマートフォンもあります。
美顔効果モードは、前面カメラ/背面カメラのどちらの場合でも使用できますか? はい。
DJI Mimoアプリでライブ配信することはできますか? いいえ。
DJI Mimoアプリを使って撮影時、スマートフォンに外付けマイクを接続して使用することはできますか? はい。
複数のレンズを搭載したスマートフォンを使用する場合、DJI Mimoはどのレンズを使用しますか? iPhone端末の場合、全てのレンズに対応しています。必要なレンズをどれでも選択できます。
Android端末の場合、お持ちのスマートフォンのカメラにより異なります。
一般的に、多くのスマートフォンのメインカメラと超広角カメラに対応しています。
OM 5は、何種類のパノラマモードに対応していますか? また、違いは何ですか? 3種類のパノラマモードに対応しています。どのモードもランドスケープモード(横位置撮影)と
ポートレートモード(縦位置撮影)に対応しています。
1. 3×3パノラマは、自動で9枚の写真を撮りつなぎ合わせます。
2. 240°パノラマは、自動で7枚の写真を撮り合成します。 3. 分身パノラマは、
自動で3枚の写真を撮り合成します。
AndroidとiOSでは、写真や動画の保存について違いはありますか? iOSでは、写真と動画をアルバムに保存します。
Androidでは、写真や動画をストレージまたはmicroSDカードに保存します。
ショットガイドは、どのように使用しますか? ショットガイドは、下記の2通りの方法で有効にします。
1. DJI Mimoを起動し、動画モードを選択して、カメラを被写体もしくは風景に向けます。
DJI OM 5は自動的にフレーム内に写っている内容を認識し、一致する撮影ガイドを表示します。
タップして、ショットガイドのモードを切り替えます。
2. DJI Mimoを起動し、カメラモードでショットガイドを選択します。

バッテリー

バッテリーを交換できますか? いいえ。
DJI OM 5の充電方法を教えてください。また、充電電流はどのくらいですか? DJI OM 5は、ハンドルの右側面にあるUSB Type-C充電ポートから充電できます。推奨充電電流は2Aです。
DJI OM 5を使って、モバイル端末を充電できますか? いいえ。
使用する前にバッテリーをアクティベーションする必要がありますか? いいえ。
DJI OM 5を外付け充電端末で充電しながら、DJI OM 5を使用することができますか? はい。
DJI OM 5のUSB充電ケーブルを使って、他のデバイスを充電できますか? 推奨されていません。

Bluetooth

付近でDJI OM 5が複数使用されている場合、どれが自分のDJI OM 5か認識できますか? 各デバイスのスマートフォンホルダー側面のシールに番号が記載されています。
DJI Mimoアプリで、そのデバイスを選択できます。
また、アプリでデバイスの名前を変更することもできます。
DJI OM 5を別のスマートフォンに接続したい場合、どうすればよいですか? 1. 初めに使用したスマートフォンの接続を切断し、Bluetoothを一旦無効にして、
DJI OM 5を別のスマートフォンに接続します。
2. OM 5の電源を入れたら、切替ボタン、トリガーボタン、シャッターボタンを同時に1秒間押し、
現在の接続情報を消去します。
その後、OM 5を別のスマートフォンに接続します。
DJI OM 5が自分のスマートフォンに接続したにも関わらず、機能していない時、どうしたらよいですか? 1. DJI OM 5の電源を切ります。
2. スマートフォンのBluetooth設定で、以前の接続を削除します。
スマートフォンのBluetoothを一旦無効にした後、有効にします。
3. DJI Mimoを再起動します。
* 以上の手順を行っても問題が解決しない場合、DJI Mimoアプリで直接Bluetoothに接続し、
OM 5とスマートフォンがペアリングしないように設定できます。

アクセサリー

ジンバル底部にある取り付け穴のサイズを教えてください。 DJI OM 5底部にある取り付け穴は、標準1/4-20 UNCポートで、大半の三脚に対応しています。
OM 5使用時に、自分のモバイル端末に外付けレンズを取り付けられますか。 はい。しかし、外付けレンズを使用した場合、ジンバルのバランスが影響を受ける場合があります。
大型で重いレンズのご使用は推奨しません。
レンズとスマートフォンの合計重量が、290gより軽いことを確認してください。
DJI OM 5は、DJI OM 4のグリップ式三脚と互換性がありますか? はい。
DJI OM 5はOsmoキャリーケースに収納できますか? はい。
補助ライト内蔵スマートフォンクランプは、いくつの色温度の選択肢に対応していますか? 内蔵の補助ライトには、寒色、暖色、中間色の3つの選択肢があります。
補助ライト内蔵スマートフォンクランプは、いくつの明るさレベルに対応していますか? 内蔵の補助ライトには、高、中、低の3つの明るさレベルがあります。

よくある質問に対する回答

DJI OM 4と比較して、DJI OM 5でアップグレードされた点はどこですか? 主なアップグレードは以下の通りです:
1.より軽量に、よりコンパクトに。今回は2色展開となり、新色サンセット ホワイトが追加されました。
2.DJI OM 5は高度の安定化技術を搭載。より重いスマートフォンにも対応し、
安定した映像を撮影できます。また、ActiveTrack 4.0によりトラッキング技術が向上。
トラッキング中のカメラワークがスムーズになりました。
3.DJI OM 5は、前モデルと同様にジェスチャー操作や複数の撮影モードに対応。
さらに、新機能ShotGuides(ショットガイド)を搭載。周辺環境を自動認識して、
撮影方法をテンプレートで提案してくれるので、簡単に撮影方法をマスターできます。
DJI OM 5はどのスマートフォンに対応していますか? DJI OM 5は、以下の条件を満たす主要なスマートフォンに対応しています:
スマートフォンの幅:67~84 mm、厚さ:6.9~10 mm、重量:170~290 g。
DJI OM 5の磁力はどのくらいですか? スマートフォンを安全に保持するのに十分な強度ですか? DJI OM 5の磁力は47.5ニュートンです。
これはソーダの入った2Lボトルを2本以上支えられる磁力に匹敵し、
スマートフォンを安全に保持するのに十分な力です。
磁気マウントにより干渉が発生し、使用するスマートフォンが影響を受けることはありますか? DJI OM 5の磁気は、取り付けられたスマートフォンの性能には影響しません。
しかし、スマートフォンによっては、取り付け後キャリブレーションが必要になるものもあります。
一方、その他の磁気製品は影響を受ける可能性があります。
DJI OM 5を、銀行カード/心臓ペースメーカー/ハードドライブなどの類似機器に近づけないでください。
磁気信号を使用したスマートフォンのデータ転送も影響を受ける場合があります
(例:MST(磁気セキュア伝送)を搭載した一部のSamsungスマートフォン)。
そのような機能を使用する際は、使用前にスマートフォンクランプを取り外すことをおすすめします。
内蔵延長ロッドの利点は何ですか? DJI OM 5は、DJI製品で初となる、延長ロッドを内蔵したスマホジンバルです。
精巧に設計された215 mmの延長ロッドはスムーズに伸縮できます。
この延長ロッドを使えば、フレーム内にたくさんの被写体を収めることができ、
クリエイティブなアングルでの撮影が簡単にできます。
ActiveTrack 4.0の改善点は何ですか? ActiveTrack 3.0と比較して、ActiveTrack 4.0のトラッキング アルゴリズムが最適化され、
被写体が横や反対側を向いたり、一時的に何かに遮られて被写体が見えなくなったとしても、
トラッキングを継続します。
DJI OM 5で、ShotGuidesはどのように使いますか? OMシリーズの新機能 ShotGuidesは、周辺環境を自動認識して、
その場にあった撮影シークエンスを提案し、短編撮影チュートリアルで撮影方法を教えてくれます。
また、撮影後、その映像に合うテンプレートを提案するので、ユーザーは数回タップするだけで、
短編動画を作成できます。撮影方法の指示に従うだけで、印象的な映像を撮影できます。
タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプスの違いは何ですか? 1. タイプラプスは、DJI OM 5を三脚やベースに取り付け、画面は固定された状態で、 時間の経過を記録するのに最適です。 2. モーションラプスは、カメラの向きを動かしながら撮影する、タイムラプス映像です。
3. ハイパーラプスは、ジンバルを持って移動しながら通過するものを
すべて撮影するタイムラプス映像です。
ActiveTrack 4.0を使うと、より柔軟に撮影でき、撮影の幅が広がります。
DJI OM 5の同梱品は何ですか? 他にどんなアクセサリーを使用できますか? DJI OM 5本体の他に、DJI OM 磁気スマートフォンクランプ 2、グリップ式三脚、
電源ケーブル、収納ポーチ、DJI OM 5 クイックスタートガイドが同梱されます。
DJI OM 5は、以下の2色から選べます:アテネ グレーとサンセット ホワイト。
* DJI OM 補助ライト内蔵スマートフォンクランプは別売で、同梱品には含まれません。
未経験でも、DJI OM 5を使用して、プロが撮影したような映像を撮影できますか? はい。DJI OM 5は、クリエイティブな撮影ができる使いやすい機能を多数搭載。
初心者でも、印象的な映像を撮影できます。ストーリーモードでは、
複数のテンプレートから好きなものを選択し撮影するだけで、プロのような映像を撮影できます。
DynamicZoomを使って撮影映像の芸術性をアップしたり、
分身パノラマを使って1枚の写真に同じ顔の人が3人写った不思議な写真を撮影できます。
DJI OM 5のパワフルかつスマートなインテリジェント機能を使えば、
だれでもマスター級の映像を撮影できます。

この商品は 2021年09月10日 にカタログに登録されました。