BETAFPV Beta85X 【V2】ブラシレスフライトコントローラー F4 AIO 12A Whoop Brushless Flight Controller (BLHeli_S) V3 - ドローン総合事業|販売|DJI日本正規代理 AIRSTAGE (エアステージ)

 

カテゴリー

WEB通販営業日

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BETAFPV Beta85X 【V2】ブラシレスフライトコントローラー F4 AIO 12A Whoop Brushless Flight Controller (BLHeli_S) V3

商品番号:17275
型番:be-00313854
販売価格:

5,900円

(税込:6,490円)
ポイント: 59P
 
 
個数:    
 お問い合わせ

F405 2-4S AIO 12Aブラシレスフライトコントローラー(BLHeli_S)V3 は、F411チップをF405に更新しました。

これは、12Aの連続電流(13Aバースト)を完全に処理できるため、強力な飛行を提供します。

Beta75Xシリーズドローン、Beta85Xシリーズドローン、HX100シリーズドローンなどでの使用を強くお勧めします

Beta85X V2 そして Beta85XHDデジタルVTX。




・F411チップをF405に更新しました。この新しい12Aボードは、12Aの連続電流13Aバース)を処理でき、強力な飛行を提供します。
はんだ付け作業が少なくて済み、取り付けが簡単です。

・従来の取り付け穴を完成させ、ダンピングパッドの脱落を完全に防ぎます。これは、ほとんどのフープフレームに非常に簡単に取り付けることができます。

・BETAFPV 12A AIOフライトコントローラーはUARTを統合します。これは、はんだ付けするのに便利です。

・110X、120X、140Xモーターと互換性があります。


F4 12A AIO FC V2、F405 12A AIO FC V3&F405 20A AIO FC V3の比較




F405 12A AIO FCV3の仕様

・CPU:STM32F405RGT6
・6軸:MPU6000
・サイズ:26mm x 26mm
・ファームウェアバージョン:Batefight-BETAFPV405-4.2.X
・OSD:組み込みのBetaFlight OSD(STM32はDMAモードでSPIを介してOSDチップを制御します)
・レシーバー:Frsky XM / XM + FCCレシーバー/双葉レシーバー/ Flyskyレシーバー/ TBSクロスファイアレシーバー/ DSMXレシーバーをサポート
・重量:5.3g
・コネクター:XT30


ESCの仕様

・サポートPWM、Oneshot125、Oneshot42、マルチショット、Dshot150、Dshot300、Dshot600
・入力電圧:2S-4S Lipo
・連続電流:12A
・ピーク電流:13A
・ファームウェア:BLHELI-S GH-25


F40512A AIO FCV3の図





F405 12A AIO FCV3のステータスLED

ボードの下部には、電源LED(赤)、FC LED(青)など、ステータスを示す2つのLEDがあります。






外部RxをF40512A AIO FCV3接続する方法

新しいAIOボードには、外部Rx用のプラグアンドプレイポートがあり、パッケージにはRx用の4ピンコネクタが含まれているため、
はんだ付け作業が 少なくて済み、取り付けが簡単です。
また、異なる外部Rxを接続する場合は、下図のようにピン付近のパッドをはんだ付けする必要があります。









パッケージ

・1 * F40512A AIO FC V3
・4 * M1.2x4mmネジ
・4 * M1.4x5mmネジ
・4 *防振ゴムダンパー
・1 *デジタルVTX用6ピンコネクタ
・1 * Rx用4ピンコネクタ


この商品は 2020年12月24日 にカタログに登録されました。