DJI Zenmuse X5特設ページ - ドローン総合事業|販売|DJI日本正規代理® AIRSTAGE (エアステージ)

 

MOVIE

カテゴリー

ベストセラー

今日から30日間の集計

特価商品

営業日

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
の日は休業日です。
メールの返信・配送業務などお休みさせていただきます。
休業時のご注文・お問い合わせは、翌営業日以降の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

 

DJI Zenmuse X5特設ページ

DJI Zenmuse X5特設ページ


   プロによる記事一覧は以下
X5R  AV Watch  マイクロフォーサーズ+4Kで揺れないRAW撮影! DJI Osmo RAW  https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/1007573.html 
X5R Videosalon 思わず感嘆の溜息が溢れる DJI Zenmuse X5Rの描写力 https://www.genkosha.com/vs/gentei/entry/dji_zenmuse_x5r.html?rss
X5  Videosalon  レンズ交換できるX5Z-Axisなどアクセサリーも拡充!
DJI Osmo
増強計画
https://www.genkosha.com/vs/report/entry/x5zaxisdji_osmo.html
X5R  Pronews  DJI OsmoZenmuse X5RDJIが切り開く世界を探る  https://www.pronews.jp/column/20160712110017.html 



このページはカメラ初心者の方が、X5という製品で空撮良さのすごさを、できるだけわかりやすくX5の説明する為のページです。
こういったプロ仕様商品は、あまり詳しく調べていないと用語だけで、商品ページの意味が理解できなくなるところを少しでも解消する為作成しています
随時画像なども追記や更新いたします



X5の特徴

1、 世界初MFTカメラ付きRTFドローン

MFTとはmicro four third(マイクロフォーサーズ)の略です。
マイクロフォーサーズとは、一眼レフ取り付けに関する規格の一部で、オリンパスとパナソニックによって作られたレンズ交換式カメラの規格です。
(そのためオリンパスとパナソニックの特定のレンズも利用できます)

マイクロフォーサーズはデジタルカメラに特化した設計となっており、特徴はカメラからミラー機構を取り外していることです。
(ミラーレス=一般的な一眼レフは、内部で反対に見える反射ミラーを使って一体感をもって見えますがこのミラーがなくなったものをミラーレスと言います)
このミラーレス構造にすることで圧倒的に小型化できる構造です

撮像素子という昔でいうフィルムのような役割の光情報をデーターに変換するセンサーが、大きい方が、ボケが作りやすく、画質も優れています。
一番大きいフルサイズの3分の4のサイズということで、英語でフォーサーズと言います。

マイクロフォーサーズには、デジタルに特化したマウントや撮像素子とマウントのバランスの良さがありますので空撮機器に対して非常に優れたパフォーマンスを発揮します

利用できるレンズはパナソニックやオリンパスはもちろんDJIレンズが用意されています。
シチュエーションに合わせて使えばフルサイズの一眼レフにも劣らない高画質の写真を撮ることが出来ます。

これだけの本格カメラをドローン取り付け用の安定化装置であるジンバル付き専用システムとしては世界初となります。さらにこの映像は、inspireのシステムを通じてリアルタイムに映像監視できます。

X5はINSPIRE用となっています最高の空撮画質を手に入れてください
Zenmuse X5

2、 DJI3軸ジンバル

空撮時の動作に対してカメラを安定させるためのシステムがジンバルです
垂直、水平、上下の軸をもって安定させることが出来、遠隔操作で自由に制御させられます

特にINSPIREは、Phantom3等にはない自由な任意操作が可能で、細かい被写体の動きに対して追っていくことが出来ます。

これを機体につけることで、空撮時に発生する動きに対して
安定した映像を物理的に提供する事が出来るようになります。
Zenmuse X5

3、 最大30fpsの4K動画の録画および16メガピクセルの静止画の撮影が可能な強力なセンサーが搭載されています。
12.8ストップのダイナミックレンジを備える。

最大30fpsです。この意味は、いわゆる「フレームレート」の最大数ですが、カメラが1秒間に出力できる画像枚数のことを表しています。
そのため、1秒に30枚出力できますので非常に速い速度でとらえられ、これが4Kで録画できます。
16メガピクセル。いわゆる1600万画素です。昔にデジタルカメラが出た時は、300万画素で、見た目にはフィルム写真と変わらないと言われていた時代があります
(引きのばしていない場合)。その比較で考えると、とんでもない数値なことがわかります。
Zenmuse X5

4、 対応できるレンズ: i. DJI MFT 15mm f/1.7 ASPH (default lens) ii. Panasonic Lumix 15mm f/1.7 iii.Olympus M. ED 12mm f/2.0

このカメラは対応できるレンズが3種類あります。
Zenmuse X5
5、 ISO100-25600

ISO簡単にいうと、暗くても明るく写せる調整で、数値はその調整範囲です
X5の数値は非常に大きい範囲です。これが調整できることでさらなる高画質な映像を取ることが出来ます

これらの特徴に加えて、DJIの提供するアプリDJI GOの高機能を利用する事が出来ます
Zenmuse X5




■ご購入FAQ■

MATRICE 100または他の現在の飛行プラットフォームとZENMUSEのX5シリーズを使用することはできますか?

現在、ZENMUSE X5シリーズはインスパイア1で使用するための唯一の互換性ですが、
それはより多くの将来のサポートDJI製品に利用できるように検討しています。


どのように私はZENMUSE X5シリーズのオートフォーカスを使うのですか?

特定の領域に焦点を当てる方法は、スマートフォン上で、モバイルデバイスの画面をタップするだけです。

ZENMUSE X5シリーズを使用したとき、私はズームすることはできますか?

いいえ、現在入手可能なZENMUSE X5シリーズのレンズは、焦点距離のレンズを固定されています。
ズームではありません

トップページ