トラブルシューティング (FAQ)CHASING - ドローン総合事業|販売|DJI|INSTA360|CHASING|FRSKY|BETAFPV日本正規代理 AIRSTAGE (エアステージ)

 




入口ロゴ画像4

カテゴリー

ベストセラー

今日から30日間の集計

特価商品

トラブルシューティング
トラブルシューティング (FAQ)DJI-7

WEB通販営業日

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

トラブルシューティング (FAQ)CHASING


Qch1:CHASINGの水中ドローンを初めて使用しますが、水に入れる前に行う運航準備や安全対策などを教えてください。

A:機体を運行する前の安全準備として以下のご確認を推奨いたします。

・バッテリーが充電されていることを確認します
・モーターのロックを解除した後は、プロペラに触れないように注意してください
・水に入る前にドローンの LED ライトをオンにしないでください
・腐食を避けるため、塩化物量の多いプールやその他の化学薬品では使用しないでください。
・スラスター、モーターの停止を防ぐため、モーターを 2 分以上水上で稼働させないでください。
・使用前に、テザー、コネクタに水が入っていないか確認してください。湿気がある場合は、付属のタオルで拭き取ってください。
・コントローラーは防水仕様ではありませんのでご注意ください。


Qch2:.CHASINGのモーターの自動洗浄についてどのように行いますでしょうか?

A.以下の順序で自動洗浄を行えます。

①機体とプロポを連結させて、機体を真水に入れてください.(機体の全身がしっかり浸かるまで入れる)
②「Chasing GO1APP」を開き、アプリトップ画面の右上隅メニューをクリックします。
「help」→「machine maintenance」 を順番にクリックし、出た画面にある「To maintain」をクリックすると機械は自動的に洗浄が開始します。
③ 約10分後、APPで洗浄完了の案内があれば、機械を取り出し、タオルなどでよく拭いてください。




Qch3:CHASINGの水中ドローンを海で使用した後はどのようなメンテナンスを行えばいいでしょうか。

A.
●機体
①海水での使用後は真水に約1時間漬けます。
②電源を入れ、機体の洗浄モードを起動します。
※洗浄モードでは機体が10分間程自動で動作し、モーターの塩を排出します。
③洗浄モードが終了したらタオルでら水を拭いてください。
※損傷を避けるため、機体 の上に重いものを置かないでください。

●バッテリー
①電力が 25% 未満の場合は、バッテリーを充電してください。
②保管時は、バッテリーを 50 ~ 80% に維持して、機体ののバッテリー寿命を延ばします。
③使用しなくても、3ヶ月ごとに充放電してください。





Qch4:CHASINGの水中ドローンを使用していますが、スマートフォンと送信機間のWiFi接続ができません。対処法はありますでしょうか?

A.まず初めに以下についてご確認お願いします。
1、ドローン本体とリモコンが完全に充電されていることを確認する。
2、コネクタが正しく接続されていることを確認する。
3、別のスマートフォン端末があれば、接続できるか確認

上記を確認したうえで、以下についてお試しください。

スマートフォン端末のWIFIの設定を手動にしていただき、
IPアドレスとサブネットマスクを以下の数値で手動での設定をお試しください。

「IP:192.168.1.20〜192.168.1.80 Mask:255.255.255.0」





Q ch5.CHASING M2やM2proにDJI OSMO Action等のアクションカメラは取付け可能ですか?
また水深どのくらいまで潜ることができますか?

A.画像の専用マウントを使用してDJI OSMO Actionの取り付けが可能です。
赤丸印 5ヵ所、お好きなところに取り付けていただくことが可能でございます。
また同様に専用マウントを使用してGo PROについての取り付けも可能です。

水深につきまして、機体とOSMOACTIONそれぞれ以下のようになっています。
●CHASING M2:約100メートル
●CHASING M2Pro:約150メートル
●DJI OSMO ACTION
 ・専用防水ケースあり:約60メートル
 ・専用防水ケースなし:約11メートル





Qch6.CHASING M2を使用しています。
 送信機のスティックを倒さなくても
 機体が前に進むのですが、何か対処法はありますか

A.何らかの原因でスティックの異常が起こっている可能性があります。
 送信機キャリブレーションをお試しください。

 ≪キャリブレーション方法は下記の通りです≫

①「【図1】6、 LEDボタン」と「【図2】11、 ロボットアームコントロールボタン」
 を同時に押しします。

②6と11を押したまま「【図1】1の電源スイッチ」を入れます。
 「【図1】4、ロックボタン」と「【図1】5、方向リセットボタン」「【図1】6、LED制御ボタン」
 3つのボタンが連続して何度か光ります。
 最後に「【図1】2、バッテリー残高表示ボタン」が緑色に点灯します。

以上がキャリブレーションの方法となります。


トップページ